いじめっこ女子と無人島に漂流したら チンジャオ娘の新作漫画

小桜クマネコ×チンジャオ娘の「いじめっこ女子と無人島に漂流したら」。この漫画はタイトルから推測できる通り、生意気ないじめっこ女子にHな復讐をするお話です(;´Д`)ハァハァ
MENU

いじめっこ女子と無人島に漂流したら チンジャオ娘の新作漫画

小桜クマネコ×チンジャオ娘の「いじめっこ女子と無人島に漂流したら」を読みました。

 

タイトルから推測できる通り、生意気ないじめっこ女子にHな復讐をするお話です(;´Д`)ハァハァ

 

いじめっこ女子と無人島に漂流したら

↓無料立ち読みはこちらをタップ↓

ハンディコミック【いじめっこ女子と無人島に漂流したら】

いじめっこ女子と無人島に漂流したらのあらすじ

学校の教師である熊谷(くまがい)は、生徒に舐められまくっていた。

 

熊谷が黒板の前で話していても、生徒は誰一人まともに耳を傾けてくれない。

 

そんな生徒たちの中で、一際熊谷をイジメる生徒がいた。それが舟崎 未海(ふなざき みう)だ。

 

こちらが手を出そうものなら体罰でクビ。それをいいことに脛(すね)を蹴ったり、お茶をぶっかけたり、やりたい放題だ。

 

こんな奴らと一緒に修学旅行なんて、憂鬱で仕方ない。

 

・・・そして、修学旅行当日。南の島へクルーズ船で向かう熊谷たちは、嵐の真っただ中にいた。

 

「海域を抜けるまで部屋からは出ないでください。」そんなアナウンスが流れたにも関わらず、デッキに出てしまう生徒がいた。未海だ。

 

熊谷は未海を注意し、部屋に戻そうとするが、船が大きく揺れ、二人して海へ落ちてしまう!!

 

そして流れ着いた先が無人島だったとさ。(ちゃんちゃん)

 

無人島でも未海は、熊谷に向かって「お腹減った」「喉乾いた」「なんか取ってこい」とワガママ放題。

 

ついに堪忍袋の緒が切れた熊谷は「どうせ助けなんて来ない」と高を括り、未海をレイプすることに決める。

いじめっこ女子と無人島に漂流したらの登場人物

熊谷(くまがい)
学校の教師。独身。一見ゴリラみたいな強面だが、生徒や生徒の親に訴えられることを恐れるあまりか、つねにオドオドしている。
生徒からは「熊ちゃ〜〜〜ん」と呼ばれ、完璧に舐められている。その中でも特に未海には手を焼いている。

 

舟崎 未海(ふなざき みう)
熊谷の教え子。むちむちの太ももと形の良い巨乳の持ち主。教師である熊谷を蹴ったり、お茶をかけたり、やりたい放題。
そのいじめっこぶりは、熊谷と二人、無人島に漂流した後もぶれない。熊谷にレイプされるのも自業自得といった感じである。

いじめっこ女子と無人島に漂流したらの感想

最初にタイトルを見たときは、生徒同士のイジメで「いじめっこ」なのかと思いました。

 

しかし、本編を読んでみると、イジメられてるのは教師でしたw

 

今の日本って何かと「体罰だ!」って言われるから、教師は大変でしょうね。熊ちゃんみたいに生徒に対してビクビクオドオドする気持ちも分かります(;∀;)

 

それにしても未海は、なんてクソ生意気なメスガキなんだ!!あんな普段から熊ちゃんをイジメてたら、無人島に漂流って極限状態でレイプされても文句言えね〜ぞ。

 

まぁ、そうやって未海にヘイトを集めるのも、作者さんの狙いなんだと思いますがw

 

そもそもこの漫画は、生意気ないじめっこに復讐するっていうのが、主題でしょうから。

 

そういうのにカタルシスを感じる人だったら、「いじめっこ女子と無人島に漂流したら」はピッタリですよ。

 

熊ちゃん視点になって、生意気な未海をヒーヒー言わせちゃってください(爆)

 

いじめっこ女子と無人島に漂流したら

↓無料立ち読みはこちらをタップ↓

ハンディコミック【いじめっこ女子と無人島に漂流したら】

このページの先頭へ